あなたは今、会社に属さずフリーランスで活動をされているでしょうか?

それとも、これから独立してフリーランスとして活動を始めようと、準備を進めているところでしょうか?

フリーランスは、本当に孤独との闘いであり、自分との闘いです。全て自分で決められる代わりに、全ての言動に自分一人で責任を持たなければなりません。

会社であれば相談できる同僚や先輩・上司がいますが、フリーランスではそうもいきませんから、困っても誰にも相談できないという状況に陥ることがあるかも知れません。

これらのフリーランスの孤独や不安を一挙に解決する方法が1つあります。

それが今回お伝えする、オンラインサロンに入る、ということです。

1.フリーランスがオンラインサロン・コミュニティに入るメリット

日々孤独な闘いを強いられるフリーランスこそ、仕事以外でも意識の高い他人と関われるオンラインサロンに入ることで、仕事的にもメンタル面でも、非常に大きなメリットを得ることが出来ます。

1-1.モチベーションの維持・向上につながる

サロンにいるのは学びの意識が高い方ばかりですから、そういった人達に囲まれていれば、自然とモチベーションも上がってきます。

一人で仕事をしていると、止め時が分からないからと倒れる寸前まで仕事をして、そのまま燃え尽きてしまったり、反対にサボっても仕事が無くなるだけで、誰にも注意してもらえないので、なまけ始めると歯止めが効かなくなることもあります。

一人で忙殺されて、仕事が嫌になってしまうという環境では生産性が下がる一方です。

必要なことを学びながら、自分の仕事やその姿勢について考え、ワクワクするような時間を持つ事が必要です。

1-2.相談・応援し合える仲間ができる

自分の仕事に関する内容のサロンであれば、同業のフリーランスの会員に会える可能性があります。また、過去のあなたと同じように、これからフリーランスを志すような人もいるでしょう。

そんな会員同士だからこそ、大変な時に励まし合ったり、自分も昔大変だったんだよ、と応援してくれる人もいたりします。そういった仲間が持てるのも、オンラインサロンならではのメリットです。

目標とする人や、必ず追い付きたいと思えるライバルが見つかれば、そのサロンであなたの成長は急速に早まるでしょう。

1-3.役立つ情報や仕事のチャンスが舞い込んでくる

同じ方向にアンテナを向けている人達が集まるのですから、当然、互いにとって有益な情報が集まりやすくなります。

始まったばかりの便利な新サービスについてや、すぐに試したくなるようなツールの情報を得られるかも知れません。

また、会員内に広いコネクションを持つ人がいれば、その人が個人でさばききれない程の仕事を抱えていた場合は、仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

2.フリーランスにおすすめのオンラインサロンまとめ

フリーランスで活動している人が、特に集まりやすいサロンをご紹介します。

ITのエンジニア向けの内容であったり、ネットビジネス全般についてや、ライフスタイルまで、フリーランスでやっていくのに考えなければいけない事のほとんどは、ここでカバー出来るでしょう。

2-1.commew

commew(旧ラシュリエオンラインサロン)は、特にフリーランスやフリーランスを目指す方向けの内容がテーマのオンラインサロンです。
会社員からフリーランス、学生まで幅広く在籍しており、業種もエンジニア・デザイナー・ライターなど様々です。

「ゆるく、つながる、たすけあう」をコンセプトに、互いに相談や学習の内容を報告することで、「ひとりで働いていても孤独ではない」空間を目指すサロンです。

入会費は月額1,000円で、初回無料キャンペーンも行われています。

サロンの交流はSlackを通して行われ、オンラインのイベント時はzoomも使われます。ここでは「部活動」があり、きちんと「部長」もいて、仕事以外にも自分たちでやりたいことを楽しめる環境まで揃っています。

具体的には、写真部やゲーム部もあるそうなので、こちらも気になった方は初回無料で試してみてはいかがでしょうか。

サロン月額1000円
公式サイト:commew
Twitter

2-2.Players

Playersは、「仕事」全般に関する悩みを解決するために開設されたサロンです。

ここで定義される「仕事」とは、会社でのそれだけでなく、「人や社会に何らかの価値を提供し、対価を頂く活動」の全てです。

また、仕事そのものだけでなく、仕事にまつわるいろいろな悩み(仕事と家庭の両立、副業収入、上司との関係等)もPlayersで解決する悩みの対象となります。

膨大な量のコンテンツがランチ1回分の980円で見放題という以外にも、チーム制度があり、6人1組で課題に取り組んだり、初心者がセミナーを開く為のバックアップがあったり、メンバー間でも有益なビジネススキルなどのシェアが活発だったり、参加者の満足度はかなり高いことで有名です。

中でも、ここで提供されている最強のTODOリストは、仕事の能率が上がると評価が高いので、仕事の効率を上げたい方は是非入会して試してみて下さい。 助け合いと切磋琢磨の文化があるので、会社員にもフリーランスにも人気のサロンです。

サロン月額980円
公式サイト:Players

2-3.人生逃げ切りサロン

このサロンは、
「人生逃げ切る」というすごく意識の低い目標に対して、意識高く取り組みたい
ということをテーマに、数々の副業を紹介する日本最大規模の複業ポータルコミュニティです。

ネットビジネスから資産運用、プログラミングまで学ぶことが出来、至れり尽くせりの環境で、特にフリーランスでこれから独り立ちしようという方にはおすすめです。

何よりもまず自分を大切にして、個人が稼げるように成長出来る環境が用意されているので、他のビジネス系のサロンのように、無理してまで他の人のフォローをしたり、赤字になるようなイベントを開かなければいけないという事も全くありません。

最初は他人のことまで余裕が無い、駆け出しのフリーランスや兼業を始めたばかりの会社員にもとても優しい環境と言えるでしょう。

サロン月額1980円
公式サイト:人生逃げ切りサロン

3.フリーランスにおすすめのその他コミュニティ・組織

以下、オンラインサロン以外にもフリーランスでやっていくならば所属しておいて損はないコミュニティをご紹介します。

3-1.フリーランス協会

フリーランスで活躍する人や、副業でも稼ぐ人のためのコミュニティで、加入をした場合、個人で負担しなければならない賠償責任保険サービスや、ケガや入院時の所得補償制度、一般企業であるような福利厚生も受けることが出来ます。

他にも、家事代行サービスや、コワーキングスペースやバーチャルオフィスが使えたり、会計サービスや法務サポートなどの特別優待も受けられます。

また、スキルアップやキャリアアップを目的としたセミナーも開催されています。

年額1万円
公式サイト:フリーランス協会

3-2.Home Worker’s Community(ホームワーカーズコミュニティ)

ここに登録したフリーランスは、フェローワーカーと呼ばれ、HWCから様々なサポートを受けることが出来ます。

フェローワーカーが受けられるのは、案件の紹介、営業代行、HWCが実施する様々なコンテストに参加することが出来ます。 セミナーの講師やイベントでの登壇をバックアップしてくれたり、人脈を広げるために、HWCのイベントや勉強会に無料で出席する事も出来ます。

登録無料
公式サイト:Home Worker’s Community(ホームワーカーズコミュニティ)

3-3.FreelanceNow(フリーランスナウ)

日本最大級の約2,000名が所属する実名制のフリーランスコミュニティです。

完全無料でクライアントとフリーランスをマッチングしています。

クライアントからの依頼内容が、Facebookグループに投稿され、そこにフリーランスからFacebookで個別に直接コンタクトをとることが出来ます。

所属しているフリーランスは、エンジニア、デザイナー、コンサルタント、ライター、マーケターなどがいます。多くの有名企業から依頼が来ているので、将来に繋がるようなビジネスパートナーを見つけることが出来る可能性があります。

月額0円
公式サイト:FreelanceNow(フリーランスナウ)

3-4.Pont!

ライターやサイト制作等のスキルをもったメンバーからなるコミュニティで、完全なフリーランスだけでなく、学生や主婦も加入しています。

依頼案件の紹介だけでなく、週に一度、初心者向けの勉強会イベントが開催されます。ライティングやサイト制作が一から学べるので、初心者にお勧めです。

月額3800円
公式サイト:Pont!

3-5.Rhythmoon(リズムーン)

フリーランスで働く女性を応援するコミュニティサイトで、登録料無料で仕事の紹介を受けることが出来るだけでなく、ランチオフ会やセミナーなどのイベントも頻繁に行われています。

会計士や弁護士などの専門家に相談をする事も出来ます(相談料がかかります)

月額0円
公式サイト:Rhythmoon(リズムーン)

3-6.Workship(非公開Facebookグループ GIGNetwork)

エンジニア・デザイナー・プランナー・ディレクター・マーケター・広報・人事・財務など、高度で高水準な技術を持つフリーランスのための案件マッチングサイトです。

専属のエージェントが付き、契約やパフォーマンスの交渉なども全面的にサポートしてくれます。会計士・税理士・社労士・司法書士などからアドバイスを受ける事も出来、勉強会やセミナーの開催も支援してもらえます。Workshipが開催する技術セミナーやマーケティング勉強会などのイベントへの招待も受けられます。

初心者向けではなく、高単価でも仕事を受けられる実力がある中級者以上のフリーランス向けのコミュニティです。最低時給4000円以上の案件が扱われており、案件によっては紹介前に審査や面談があることがあります。

月額0円
公式サイト:Workship

4.まとめ

フリーランスとして一人で仕事をするにも、自分だけで営業、会計や法務まで全てカバーするのは容易ではありません。

会社員のように会社が後ろ盾になってくれることもありませんから、余程強力なバックボーンがない限りは、自分でフリーランス協会に入っておくくらいの準備は必要です。

サイトに登録してガツガツ仕事をこなすも良し、オンラインサロンで仕事を覚えながら受注するも良し、勉強会に通って自信が付いてから独り立ちするも良し。

大切なのは、自分のフリーランスとしての力量や、仕事の受注率などに応じて、きちんと最適なコミュニティを選んで、自分で仕事をするための最高の環境を用意しておくということです。

フリーランスで仕事を始めた人の中には、「誰にも会いたくないから一人で仕事が出来るようにフリーランスになった」という方もいるかも知れません。

他人とのやり取りを、会社員時代に比べて更に減らすことは一時的には出来るかも知れませんが、結局自分を評価して仕事を依頼して報酬を支払ってくれるのは他人です。その人も、その先どれだけ仕事を出してくれるのか分かりません。

だからこそ、そういった人との関係性は、自分なりの形でも絶やさないように努め、自分の今の仕事が次の仕事に繋がるように、クライアントや関係者との関係性も育てなければなりません。

せっかく自分の自由に選んだ仕事で働けるのですから、フリーランスとして一日も早くキャリアが築けるように、常に前向きな気持ちで働きたいですね。
おすすめの記事