自らオンラインサロンを運営すると決めたら、必ずと言っていいほど必要となるのが、Facebookグループの作成です。

Facebook は、人々が公につながるために開発された世界的に有名なSNSです。Facebookグループは、同じ興味を持った人々を集めてグループとなり、情報を共有し、コミュニケーションをとるために生まれました。

一般的に利用されている個人用アカウントとは違い、 会員限定のクローズドな環境を提供することができるFacebookグループの利用は、オンラインサロンの運営に最適です。

ここでは、あなたのオンラインサロンの参加メンバーだけにとっておきのコンテンツや情報を提供するために 、多くのサロンが活用しているFacebookグループの作り方、活用方法をお伝えしていきます。

1.Facebookグループで自前でオンラインサロンを作る流れ

Facebookの機能の一つであるFacebookグループは、無料で誰にでも気軽に作成することができます。

必要なものはFacebookの個人アカウントのみで、下記の3ステップで簡単に始めることができます。
  1. Facebookで非公開または秘密のグループを作成
  2. 参加メンバーを招待グループ内で交流
  3. コンテンツ配信を行う
では、順を追って説明していきましょう。

1-1.Facebookで非公開または秘密のグループを作成

まず最初に、Facebookホーム画面の「グループ」から「グループを作成」をクリックしFacebookグループを作成します。

プライバシー設定で、あなたのオンラインサロンに適した設定を選択しましょう。オンラインサロンはクローズドな環境ですから、「非公開」または「秘密」のグループ設定になります。

どちらの設定にしても、グループ内の投稿は、オンラインサロンの参加メンバーにしか見ることができません。また、参加メンバーの友達もグループに入っていなければ見ることができません。

二つの設定で異なる点は、「非公開」の設定にすると、Facebookの検索で見つけることができますが、「秘密」の設定にすると、検索にも反映されないということです。完全にクローズドな環境で、オンラインサロンの存在を隠しておきたい場合には「秘密」の設定にしましょう。

1-2.参加メンバーを招待

クローズドな環境設定ができたら、参加メンバーを招待しましょう。招待する時には「メンバーを追加」で、招待に関するメッセージも追加することができます。

1-3.グループ内で交流、コンテンツ配信を行う

プライバシー設定が完了し、参加メンバーを追加したら、いよいよ活動開始です。楽しみながら配信しましょう!あなたのオンラインサロン初の投稿に関するアドバイスは、後ほど「はじめに投稿するべき内容」として詳しくお伝えします。

2.Facebookグループでできること

誰にでも気軽に作成できるFacebookグループには、無料で使える機能がたくさんあります。

基本的な投稿のスレッド作成から、ファイルや写真、動画の共有、ライブ配信など、ニーズに合わせて上手に活用していきましょう。

2-1.投稿スレッド作成(交流、ディスカッション)

Facebookに投稿する際に使うのが、スレッド作成という機能です。スレッドとは、Facebookでは「ひとつの話題に関連した投稿の集まり」という意味合いがあります。

オンラインサロンで使用するFacebookグループでは、テーマ(話題)ごとにスレッドを作成し、参加メンバーで交流、ディスカッション(議論)をして意見を交換することができます。

しかし、スレッドは新しいものが、古いものの上に表示され、どんどん下へ流れていってしまうので、コンテンツの内容が増えていくと、読みにくくなり、使い勝手が悪くなる構造になっているという難点があります。この難点を解決するために、役に立つのは「トピック機能」または「ユニット機能」です。

「トピック機能」は、スレッドを作成する際に、ブログのカテゴリーやSNSのタグを付けるのと同じ要領で、複数追加することができます。トピックは、過去に使われたものから選択することもできますし、自由に入力することもできます。その後、選択したトピックはスレッドに表示されます。

また、表示されたトピックをクリックすると、同じトピックが選択されているスレッドが表示されますので、同じカテゴリーのスレッドを同じトピックで分類しておけば、過去のスレッドを探すのにとても便利な機能です。

「ユニット機能」は、投稿したスレッドのフォルダーのようなもので、Facebookグループの設定から「ソーシャルラーニングユニット」を追加することで使用することができます。

ユニットには名前だけでなく説明文を追加することもできますので、分かりやすく、後から参加したメンバーにも過去のスレッドを探すことが容易になると同時に、大切なコンテンツを見逃してしまうことも避けることができます。

Facebookの仕様により、「トピック機能」と「ユニット機能」は、使用可能である場合とない場合があるようですが、オンラインサロンを運営するにあたって、快適にコンテンツを閲覧してもらうために、可能であれば積極的に活用しましょう。

2-1-1.テキスト・画像の投稿

スレッドを作成する際には、テキスト(文章)だけでなく、テーマに合った写真を追加しておくと、参加メンバーの目に止まりやすく、後で探すのにも役に立ちます。また、投稿後に追加または訂正事項がある場合は、テキストを編集したり、画像を差し替えたりすることも可能です。

2-1-2.コメント欄での交流

スレッドのコメント欄を利用した参加メンバーのコミュニケーションは、オンラインサロンの醍醐味でもあります。

コメントには積極的に、早めの返信を心がけサロンの活発化を図りましょう。

2-2.イベント作成・告知

イベント機能はオンラインサロンでイベントを開催する時にとても便利です。

Facebookグループで投稿をすると、自動的に参加メンバーにお知らせが届く仕組みになっているので、迅速に連絡をすることができますね。

2-3.グループ内限定の写真アルバム作成・共有

参加メンバー限定の写真をアルバムに格納していくことができます。イベントでリアルに会った時の思い出の写真や、コンテンツの内容を強化するための写真をアルバムとしておけば、理解も深まりますし、参加メンバー同士の距離も近づくことでしょう。

2-4.グループ内での動画のアップロード・共有

写真アルバムの作成と同じように、動画もアップロードし共有することができます。

スレッドに直接アップロードするか、Youtubeに限定公開の動画をアップロードし、リンクをスレッドに貼り付けて共有するという2つの方法があります。

2-5.グループ内でのPDFなどファイルのアップロード・共有

写真や動画の他、ワードやエクセル、PDFなどのファイルも共有することができます。ファイルをアップロードした瞬間から、全ての参加メンバーが、閲覧したり編集したりすることができるので、共同で作業をするのに有効で役に立つ機能です。

2-6.メンバー管理

オンラインサロンに参加しているメンバーの人数の把握や、どんな人がいるかなどのプロフィールを見ることができるので、顧客管理のために使うことができます。

2-7.ライブ配信

「Facebookライブ」とも呼ばれるライブ配信機能は、リアルタイムの配信で臨場感あふれるセミナーや講座を行うために使うことができます。

リアルタイムの映像とコメントの書き込みで、感想や質問をその場でシェアすることができるので、オンラインサロンの運営者側から見ても、参加メンバー側から見ても、満足度の高い機能といえるでしょう。

2-8.動画ウォッチパーティ

動画ウォッチパーティは、Facebookグループ参加者であれば誰にでも開催することができます。開催者は一緒に見る動画を選び、参加して欲しいメンバーを選ぶこともできます。

通常のスレッドを作成する画面で「動画ウォッチパーティ」を選択すると、順を追って動画の選択、参加者の招待へと促されるので、簡単に始めることができます。

動画ウォッチパーティを開催することで、同じ動画を一緒に見ながら、リアルタイムでコメントをしたり、リアクションをしたりと気軽に交流することができるので、オンラインサロン内の雰囲気を盛り上げるためにも、積極的に活用しましょう。

2-9.アンケート機能

オンラインサロンを運営していく上で、日程調整が必要な時、何かを決断する時、参加メンバーの意見を聞きたい時などに役に立つのがアンケート機能になります。

質問内容を明確に記載し、それに対する回答の選択肢を作成して公開後、参加メンバーに回答をしてもらうという流れです。アンケート形式ですので、特に多数決で物事を決める時などには、とても効率良く進めることができます。

3.Facebookグループの作り方

Facebook仕様により、表示される位置が異なる場合がありますが「グループを作成」をクリックすることで、始められます。

個人アカウントから作る場合は、「グループ」または「作成」をクリック。スマホで操作する場合は、自分のプロフィールを確認する時にタップする「三本線」のところの「グループ」をタップ。その後、「検索」の右横にある「+」をタップすると「グループを作成」が表示されます。

また、Facebookページからも作ることもできます。

いづれにしても、分かりやすく表示され、指示通りに進めば良いので、簡単に作成することができるでしょう。

4.作成したFacebookグループの設定編集

Facebookグループは、オンラインサロンを運営する上での重要な環境ですので、設定はしっかりと行い、必要に合わせて編集していきましょう。

最初にFacebookグループのホーム画面を開き、カバー写真の下にある「その他」から「グループの設定を編集」を選択して始めます。設定や編集が完了したら、一番下にある「保存」をクリックするのを忘れないでくださいね。

ここでは、Facebookグループの設定に関する解説をしていきます。

4-1.グループタイプ

「グループタイプを選択」をクリックすると、「クラブ」「プロジェクト」「旅行」など、色々なグループタイプが表示されますので、自分のオンラインサロンに合ったものを選択しましょう。

別の項目で解説した「ユニット機能」を使用したい場合は、「ソーシャルラーニング」を選択してください。

4-2.説明

説明の項目には、自分のFacebookグループ、すなわちオンラインサロンがどのような活動をしているかを分かりやすく入力しましょう。

Facebookグループを検索している人の目に止まれば、新しく入会してもらえるかもしれませんね。ただし、プライバシー設定が「秘密のグループ」になっている場合には、検索に反映されないので、入力は不要となります。

4-3.メンバー承認

オンラインサロンは、クローズドな環境ですから新しい人がグループに入る時には承認が必要です。

承認をする権限は、「管理者とモデレーターのみ」を選択しましょう。モデレーターとは、仲裁者という意味を持ったアシスタント的な権限を与えた参加メンバーのことです。

4-4.投稿の権限

投稿スレッドを作成する人の権限を設定することができます。

管理者がスレッドを作成し、それに対して参加メンバーがコメントをする形をとるか、誰でも自由にスレッドを作成し、交流できるようにするか選択しましょう。

4-5.投稿の承認

参加メンバーがスレッドを作成し、自由にやり取りをしてもらう設定にした場合、公開前にスレッドの内容をチェックすることができます。

承認制にしておけば、ある程度の秩序を保つこともできますし、ルール違反などのトラブルを事前に防ぐことができるので安心ですね。

4-6.ストーリーの投稿権限

Facebookグループにも、個人アカウントと同じように、「ストーリー」を投稿することができます。

「ストーリー」とは、写真や動画をスライドショーのように投稿する機能で、24時間で自動消去されます。この投稿の権限も、上記で説明した通常の投稿の権限と同じように選択することができます。

4-7.ストーリーの投稿承認

「ストーリー」の投稿も、通常の投稿と同じように承認制にすることができます。

参加メンバーの表現の自由は尊重したいけれど、トラブルを事前に回避したい場合にはとても有効な機能となります。

4-8.カバー画像の設定

オンラインサロンを魅力的に見せるためにも、Facebookグループのカバー写真の設定は必須です。

「写真をアップロード」をクリックして、ぴったりなイメージの写真をカバー写真としてアップロードしましょう。(グループのカバー写真の推奨サイズは1,640x856ピクセル(または1.91:1の比率)です)
参考 : Facebookヘルプセンター

5.はじめに投稿するべき内容

あなたのオンラインサロンに新しく入ってきた人に、一番最初に知らせておきたいこと何でしょうか?はじめに投稿するべき内容を考えてみましょう。

5-1.運営者プロフィール・自己紹介

オンラインサロンに入会し、Facebookグループに参加したメンバーですから、あなたのことを既に知っている人ばかりなのはわかっていますが、ここで改めて【自己紹介】をしましょう。

今までの経歴などの基本的なプロフィールだけではなく、将来の夢や趣味などプライベートなことも紹介しておくと親近感が湧きますし、読んでいる人も安心することができますね。

5-2.グループについてのルール・主旨

あなたのオンラインサロンの主旨を【このグループについて】として、記載しておきましょう。

このオンラインサロンは、何のグループで、何を目的として、何を目指しているのか?また、中傷的な批判は禁止するなどのルールをしっかりと明確にしておくと、信頼性も高まります。

5-3.グループの使い方について

参加するにあたっての【グループの使い方】も説明が必要です。

投稿スレッドを作成するのは、オンラインサロンの運営者のみですか? コメントやそれに対する返信は、自由にして良いですか?タグを付ける時の注意点など、具体的な使い方を説明しておくと良いですね。

5-4.「固定された投稿」の投稿手順

管理者は、スレッドの右上にあるドロップダウンメニュー(下向きの矢印)から「投稿をトップに固定」を選択し、特定のスレッドを固定して表示させることができます。

上記した、「はじめに投稿するべき内容」のスレッドは、総合的なインフォメーションとして、オンラインサロンのFacebookグループを開いた時に、いつでも見られるように固定しておくことをお勧めします。

6-1.オンラインサロン運営者・管理者をサポートする機能

その他にも、オンラインサロンの運営者にとって役に立つ機能がたくさんあります。どんなものがあるのか、ここでしっかり把握しておきましょう。

6-2.グループインサイト

Facebookグループのページの左側にある「グループインサイト」をクリックすると、参加メンバーのデータなどを確認することができます。

これは管理者のみが操作できる機能で、新しいグループ作成後、30日を経過してから「詳細情報をダウンロード」をクリックすることによって利用できるようになります。

この機能を使うことによって、オンラインサロンのメンバーの参加状況だけでなく、グループの中で誰が多くリアクションをしているのか?どのスレッドの反応が良かったのか?最適な投稿の時間帯などの分析結果などを知ることができます。

6-3.投稿予約

あらかじめ投稿する内容を決めて、スレッドを作成し、日付、時間を指定して投稿を予約しておくことができます。

通常通りのスレッドを作成したら、「公開」の横にあるドロップダウンメニュー(下向きの矢印)か時計のマークをクリックして、「投稿日時を指定」しましょう。

完成したコンテンツがすでにある、まとめて書いた文章などがある場合に分割して 投稿できるので、とても便利です。投稿予約は、スレッドの作成30分後から1ヶ月後まで指定することができます。

6-4.リクエストフィルター

リクエストフィルターは、参加資格などを設けている場合に役に立つ機能です。

Facebookグループの左側にある「グループのモデレーションを行う」をクリックし、「メンバーリクエスト」を選択すると、ページ上部にフィルターが表示されます。性別や地域などの属性でフィルターをかけることができるので、あなたのオンラインサロンに相応しい人物であるかを判断する手助けになります。

また、Facebookグループのプライバシー設定が「非公開」の場合は、Facebookの検索で、あなたのオンラインサロンに興味を持ち、参加リクエストを申請してくれる人がいるかもしれません。

全てのリクエストを承認するのであれば必要ありませんが、参加メンバーに資格や何か特性を求める場合には、参加リクエストを送ってくれた人に対して「質問」を3つまですることができます。

「質問」の設定は、「グループの設定を編集」の画面、「参加リクエスト」から、1つあたり250文字以内で可能です。適切な質問をして、オンラインサロンのクオリティを保つために役立てましょう。

6-5.メンバープロフィール

メンバープロフィールを使うと、Facebookグループ参加メンバーのプロフィールや、グループに向けた今までの投稿内容、共通の友達などを見ることができます。

各参加メンバーの個人アカウントのページにアクセスすると、プライベートな投稿も混在しており、オンラインサロン参加メンバーとしての投稿が見えづらいことがありますが、この機能を使うと把握しやすくなります。

6-6.グループのルールを作成

「はじめに投稿するべき内容」でお伝えしたように、グループのルールは「固定された投稿」として、一番上に常に表示しておくやり方もありますが、「ルール」という項目を追加する方法もあります。

Facebookグループの左側にある「グループのモデレーションを行う」をクリックし、「ルールを作成」、「スタート」をクリックすると「ルールの例」が表示されますので、参考にしながら完成させましょう。

特に細かいルールを設定しておきたい場合、「固定された投稿」で本当に大切なことだけを記載し、残りは「ルール」を必ず確認するように促しておくのが見た目にもスッキリするので良いのではないでしょうか。

トラブルを事前に防ぐためにも、できるだけ設定し、必要に応じて修正を入れていくことをお勧めします。修正は、作成済みのルールの右側にある「…」から行い、修正後は参加メンバーにお知らせするのを忘れないようにしましょう。

7.最後に

いかがでしたか?

オンラインサロンを運営していく上で、必要不可欠とも言えるFacebookグループの使い方を詳しく解説させていただきました。Facebookの仕様により、表示される記号や位置、使用できる機能が若干変わりますが、基本的な活用方法はご紹介できたかと思います。

Facebookグループは、オンラインサロン参加メンバーのコミュニケーションを深めるためには最適な環境です。これだけたくさんの有益な機能があるにも関わらず、無料であることが多くのオンラインサロン運営者に支持される大きな理由ではないでしょうか。

Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグの「Bring the world closer together(世界の絆を強める)」という理念と同じように、あなたのオンラインサロン参加者たちの絆をより強めるために効果的に活用してくださいね。
おすすめの記事